毎日お花🌼ohana*room

花好き時々音楽家のお花生活成長ブログ♬ 庭いじり~フラワーアレンジまで

秋のフラワーアレンジに挑戦🍁うねるトライアンギュラ

おはなです。

 

先日のフラワーアレンジメント教室で作った作品を記録します!

 

秋のアレンジ!

 

トライアンギュラは隠れて(?)家でも練習してるからか、

だいぶ手際がわかってきた気がします!

ベテランさんからするとまだまだだと思いますが、まぁまずは過去の自分と比較した成長を味わうことにしますo(^o^)o

 

過去のトライアンギュラの出来栄えはこちら⬇️

ohanaroom.hateblo.jp

ohanaroom.hateblo.jp

 

上手くなっていると、個人的には思ってるんです(ノ_<。)(思いたい)

 

 

秋の作品の感想 

先生の選ぶ材はいつも新鮮でおもしろいです!

秋はキラキラした華やかなお花ではなくて、草類が主役に一変するんですね✨

 確かにネコジャラシとかススキとか、ふぁさふぁさした草が育つ季節です!

稲もそいや秋にふぁさふぁさ育ちます。

ちょうど今くらいの時期に、「そろそろファーがいるなぁ」とか考え始めるんではないでしょうか。(秋の草とか関係ないですが♡)

 

 

題材から感じる、自由さと心地よさ

うねりや揺れなどの材感を全面に出してね、という秋の指示のもとに花をアレンジしていくわけですが、重ねる、という手法を取り入れたやり方で、

まぁ、なかなかおもしろかったです😍

 

夏に、敢えて飛び出したり引っ込めたりさせてねっていうのも

やったんですが、これも私好きでした。

 決まりが逸脱する瞬間って、とても爽快です⁺˳✧༚

フラワーアレンジメントだけじゃくて、基本を叩き込むときは遊びが少なくて、応用になってちょっとずつ崩していったとき、人間らしく解放される心地がして好きです。

音楽だと、ちょうどバロックから解放されたショパンみたいな感じでしょうか。自由を与えられる気持ちです。(中にはバロックぐらい決めたほうが心地よい人も居ますので、どちらが良いとかいうわけではないです)

 

ただ自由は、努力もせず勝手気ままにすることとは違いますね。

自分の気持ちに素直に、進む道の弊害を取り除くこと。

周りの壁を緩めること。

あるいは、

逸脱したフィールドに足を踏み入れることを許されること。

イメージこんなんだと思っています。

 

自由と傲慢のすれすれラインをどう扱うかは、これセンスですよね。

センスが悪いと模倣サンプル人間か、やばいやつになってしまう。

このすれすれラインがつまりこの、

秋のトライアンギュラだと私は思うわけですよね。(深い!)

トライアンギュラだけど、崩していい。崩していいけど、トライアンギュラは崩さない。これほんとにセンシティブ感じます!

 

蛇足ですが、

崩すことが逆に縛りになる人もいますよね。

この辺はもう、性格や好みの問題でしょうか笑

私はガサツだし、崩すほうが楽に感じる派!でした!

 

 

物寂しい季節から風流心へ アレンジメントの力ってすごい°˖✧ 

秋って今まではなんか物寂しい気持ちがしていたのですが

今年はフラワーアレンジメントをやっているせいもあってか

はたまた演奏でも秋の曲いっぱいしたんでそのお陰もあってか

秋の草の涼しさを感じて風流な気持ちになっています。

 

虫の声も風流と感じる日本人

ちなみに植物を愛でる心は世界共通ですが、

鈴虫の声を騒音ではなく風流だと捉えるのは日本人ならではだと

母が言っていました。

 

虫の声はいいけど、虫の姿は見たくないかな笑

虫も見つかりたくないでしょうし、変にここで虫と気が合うよなと毎年思います笑

 

いっぱい書きました。ではまた♪ 

ohanaroom.hateblo.jp

 

 

 

f:id:ohanaroom:20181004001632p:plain

お花に関することを毎日更新中!

私のプロフィールはこちら

おはなさんのプロフィール - はてな